北海道在住で蓄電池を安価に設置したい方へ!
電池バンクなら商品選定・補助金申請・施工までワンストップで対応!

補助金申請・現地調査・お見積もり作成全て無償対応

自宅に蓄電池を設置したいと思っても、商品選定、補助金の申請、施工といったプロセスは意外と複雑で時間も手間もかかります。
でも、心配は不要です。北海道在住のお客様に、一番合った蓄電池を安価に設置するためのご提案は「電池ンク」にお任せください。

電池バンクは、お客様のエネルギー自給生活をスムーズに実現するために、商品の選定から補助金の申請、そして施工まで全てをワンストップでサポートします。これまでの面倒なプロセスをすべて「電池バンク」がサポートさせて頂きます。
補助金申請、現地調査、お見積もり作成は全て無償となりますのでご安心ください。

北海道在住のお客様が蓄電池を安価に設置したいなら、電池バンクが最適な選択です。
信頼性と価格競争力を兼ね備えた商品ラインナップ、補助金申請の専門的なサポート、そして確かな技術力を持つ施工チームがお客様のエネルギー自給生活を全力でサポートします。
今すぐ「電池バンク」にご連絡ください。

電池バンクが選ばれる8つの理由

01.

創業50年

「電池バンク」を運営するエネルギーバンク株式会社は創業50年の太陽光・蓄電池等を販売・施工する専門業者です。

02.

施工実績が豊富

過去7千件を超える施工実績を有し、実績も評価されてハウスメーカーや工務店様からも施工のご依頼を頂いております。

03.

豊富な商品の取り揃え

「電池バンク」では国内で販売されているほぼ全ての商品を取り扱いしています。

04.

アドバイザーが直接対応

多数の商品から「電池バンク」の専門アドバイザーがお客様の住宅に合った商品を選定しご提案差し上げます。

05.

補助金無償対応

「電池バンク」ではお客様がお住いのエリアで実施されている補助金をお調べし、実際に申請の業務まで全て無償で対応いたします。

06.

現地調査・見積り作成無料

「電池バンク」では契約後に導入費用が上がるなどの事はありません。必ずご契約前に現地調査を行った上で詳細なお見積もりをご提出致します。

07.

テスラパワーウォール認定施工店

「電池バンク」は全国的に数少ないテスラPowerwall認定販売施工会社です。厳しい審査基準を通過し認定に至っております。

08.

安価な価格設定

継続して多数のご依頼を頂いてる為、仕入れ時にスケールメリットが働き安価な商品を仕入れることが可能な為、工事の質を落とさずにコストダウンを実現しています。

お問い合わせから蓄電池設置までの流れ

  • 1
    お問い合わせ

    「電池バンク」のお問い合わせフォーム、ライン、お電話にてお問い合わせ下さい

  • 2
    ヒアリング

    お客様のご要望や、ご自宅の設備設置状況、電気契約、商品選定のサポート

  • 3
    現地調査・お見積り作成

    ご契約前に必ず現地調査を行い、確定のお見積書を作成し提出致します

  • 4
    ご契約

    工事内容やお見積書にご納得いただいた後にご契約となります

  • 5
    工事

    お客様とすり合した内容で工事を行い、お客様の確認後にお引き渡しとなります

国や北海道の蓄電池補助金の情報

太陽光発電システムや蓄電池の導入は、確かに初期投資が必要です。しかし、その費用は一見すると高く感じるかもしれませんが、実は補助金を利用すれば大幅に軽減することが可能です。また、長期的な視点から見れば、電気代の節約や自然環境への貢献といった点で、その価値は計り知れません。

それでは、蓄電池の導入における補助金情報について詳しく見ていきましょう。これらの情報を活用することで、初期投資の負担を軽減し、自宅での電力自給生活を始める手助けとなります。

国からの補助金

DR補助金

電力ひっ迫に対応するため、調整電源として遠隔で放電操作される「需要応答プログラム」に参加することでもらえる補助金。

↳DR補助金の公式サイト

DER補助金

再生可能エネルギー社会向け蓄電池を遠隔制御し、電気の需給バランスを調整する「分散型エネルギー源の更なる活用実証」に参加することでもらえる補助金。

↳DER補助金の公式サイト

こどもエコすまい支援事業

2050年カーボンニュートラルの実現を図ることを目的とし、住宅の省エネ改修等に対して支援する補助金。

↳こどもエコすまい支援事業公式サイト

北海道からの補助金

北海道から補助金の交付はありませんが、市町村を通じて補助金が交付される場合があります。お住まいの市町村のホームページでご確認ください。

地方自治体からの補助金

市町村により名称や内容・詳細が違うため、お住まいの市町村のホームページをご確認ください。

※電池バンクでは、一部補助金申請に対応できない場合がございます。

北海道の過去の災害情報から「もしもの時の備え」を!

北海道にはいくつもの活断層があり、プレートの境界も多くあることでよく地震が発生します。

平成30年(2018年)9月 北海道胆振東部地震:
北海道胆振地方中東部を震源として発生し、胆振東部地方では最大震度7を記録しました。安平町・むかわ町でも震度6強を観測しています。この地震により、札幌市周辺では液状化が多数発見されるほか、厚真町を中心に広い範囲で土砂崩れも発生しました。また北海道電力苫東厚真火力発電所が停止したことにより、日本で初めてとなるエリア全域におよぶ大規模停電(ブラックアウト)が最長約64時間続きました。

平成15年(2003年)9月 十勝沖地震:
釧路沖を震源地として釧路町、厚岸町などを中心に最大震度6弱を記録した地震です。この地震により,北海道及び東北各県に被害が発生し、行方不明者2名、住家全壊116棟、床下浸水9棟の被害が発生したほか、合計37,176人に避難勧告が出され、7,429人が避難しました。北海道・東北電力管内で延べ約379,000戸が停電となり、上水道については、北海道で延べ15,956戸が断水しました。携帯電話基地局は、29局が停波しました。

平成6年(1994年)10月 北海道東方沖地震:
釧路市と厚岸市で震度6を観測し、北海道の太平洋沿岸及びオホーツク海沿岸だけでなく、広範囲で津波を観測しました。地盤の液状化や盛土崩落が多発し、あちこちでマンホールが浮上する被害もありました。地震直後は全道で64,411戸が停電しましたが、翌日午前中までには大半が復旧しました。

これらの経験から学ぶべきことは、自然災害は予期せずに起こり、電力供給に深刻な影響を及ぼす可能性があるということです。
そして、それによって日常生活は大きく脅かされます。

そこで強く推奨されるのが、自宅での電力自給の備えです。太陽光発電システムや蓄電池の導入は、停電時でも一定の電力を確保できる手段となります。
これにより、災害時でもライフラインを維持し、生活を支えることが可能となります。

自然エネルギーを利用した電力供給は、エコロジーの観点からも理想的であり、電気料金の節約にも繋がります。秋田県の皆様には、これまでの災害の経験を活かし、日々の生活における電力の備えを見直すことをお勧めします。ぜひ、太陽光発電や蓄電池の導入をご検討ください。

国や北海道の太陽光・蓄電池関連の参考情報

北海道では「ゼロカーボン北海道」を宣言しており、2050年にCO2(二酸化炭素)を実質ゼロにすることを目指しています。北海道の2018年CO2排出量は、全国に比べ約1.3倍だったため見える化をし、家庭でもできる省エネをよびかけています。北海道の豊富な自然や地域資源を利用した太陽光発電システムや蓄電池などの再生可能エネルギーの活用も推進しています。

↳ゼロカーボンシティ宣言

北海道の気候や日照時間

北海道は雪のイメージで日照時間は少なく思われがちですが、地域差が大きいです。主要都市で比較した場合、内陸部の帯広は全国的にみても日照時間が多く、東京よりも多いことがあります。特に冬期の晴天が多いのが特徴です。しかし日本最北端にある稚内は、三方が海に面しており、北西の季節風により風雪の日が多くなります。

降雪が多い地域で太陽光発電と蓄電池を有効に利用するには、以下のような要素を考慮する必要があります。

・太陽光発電の設置場所と角度の最適化
・蓄電池は屋内に設置する、寒冷地用蓄電池を設置する、などの雪対策
・十分な蓄電容量の確保

これらの要素を考慮し、降雪が多い地域においても太陽光発電と蓄電池を有効に活用することが可能です。

最高気温(日最高気温の月平均の最高値) 25.7℃
最低気温(日最低気温の月平均の最低値) -7.6℃
快晴日数(年間) 10日
降水日数(年間) 157日
日照時間(年間) 1741時間

北海道で太陽光を利用した発電機器のある住宅数

次の表から、2018年に北海道内の住宅ですでにこれだけの太陽光が設置されていることがわかりました。
「固定価格買取制度」が2009年に開始されて以降、導入後10年を経過した発電設備が順次制度の満了を迎えています。(卒FIT)
卒FIT後の選択肢として、電力の自家消費や災害対策として蓄電池を導入する方も増加傾向です。

札幌市 7,800戸 福島町 -戸 鷹栖町 -戸 雄武町 -戸
札幌市 中央区 440戸 知内町 -戸 東神楽町 -戸 大空町 -戸
札幌市 北区 1,550戸 木古内町 -戸 当麻町 -戸 豊浦町 -戸
札幌市 東区 800戸 七飯町 230戸 比布町 -戸 壮瞥町 -戸
札幌市 白石区 470戸 鹿部町 -戸 愛別町 -戸 白老町 40戸
札幌市 豊平区 860戸 森町 20戸 上川町 -戸 厚真町 -戸
札幌市 南区 570戸 八雲町 70戸 東川町 -戸 洞爺湖町 -戸
札幌市 西区 800戸 長万部町 -戸 美瑛町 -戸 安平町 -戸
札幌市 厚別区 550戸 江差町 -戸 上富良野町 -戸 むかわ町 -戸
札幌市 手稲区 940戸 上ノ国町 -戸 中富良野町 -戸 日高町 -戸
札幌市 清田区 860戸 厚沢部町 -戸 南富良野町 -戸 平取町 -戸
函館市 1,340戸 乙部町 -戸 占冠村 -戸 新冠町 -戸
小樽市 280戸 奥尻町 -戸 和寒町 -戸 浦河町 -戸
旭川市 1,270戸 今金町 -戸 剣淵町 -戸 様似町 -戸
室蘭市 400戸 せたな町 -戸 下川町 -戸 えりも町 -戸
釧路市 1,410戸 島牧村 -戸 美深町 -戸 新ひだか町 80戸
帯広市 1,920戸 寿都町 -戸 音威子府村 -戸 音更町 840戸
北見市 1,850戸 黒松内町 -戸 中川町 -戸 士幌町 -戸
夕張市 30戸 蘭越町 -戸 幌加内町 -戸 上士幌町 -戸
岩見沢市 260戸 ニセコ町 -戸 増毛町 -戸 鹿追町 -戸
網走市 200戸 真狩村 -戸 小平町 -戸 新得町 -戸
留萌市 30戸 留寿都村 -戸 苫前町 -戸 清水町 -戸
苫小牧市 850戸 喜茂別町 -戸 羽幌町 -戸 芽室町 300戸
稚内市 60戸 京極町 -戸 初山別村 -戸 中札内村 -戸
美唄市 50戸 倶知安町 50戸 遠別町 -戸 更別村 -戸
芦別市 50戸 共和町 -戸 天塩町 -戸 大樹町 -戸
江別市 770戸 岩内町 -戸 猿払村 -戸 広尾町 -戸
赤平市 40戸 泊村 -戸 浜頓別町 -戸 幕別町 470
紋別市 60戸 神恵内村 -戸 中頓別町 -戸 池田町 -戸
士別市 80戸 積丹町 -戸 枝幸町 -戸 豊頃町 -戸
名寄市 150戸 古平町 -戸 豊富町 -戸 本別町 -戸
三笠市 10戸 仁木町 -戸 礼文町 -戸 足寄町 -戸
根室市 90戸 余市町 80戸 利尻町 -戸 陸別町 -戸
千歳市 720戸 赤井川村 -戸 利尻富士町 -戸 浦幌町 -戸
滝川市 140戸 南幌町 -戸 幌延町 -戸 釧路町 220戸
砂川市 40戸 奈井江町 -戸 美幌町 250戸 厚岸町 -戸
歌志内市 0戸 上砂川町 -戸 津別町 -戸 浜中町 -戸
深川市 140戸 由仁町 -戸 斜里町 -戸 標茶町 -戸
富良野市 90戸 長沼町 -戸 清里町 -戸 弟子屈町 -戸
登別市 290戸 栗山町 -戸 小清水町 -戸 鶴居村 -戸
恵庭市 480戸 月形町 -戸 訓子府町 -戸 白糠町 -戸
伊達市 350戸 浦臼町 -戸 置戸町 -戸 別海町 280戸
北広島市 480戸 新十津川町 -戸 佐呂間町 -戸 中標津町 240戸
石狩市 360戸 妹背牛町 -戸 遠軽町 140戸 標津町 -戸
北斗市 230戸 秩父別町 -戸 湧別町 -戸 羅臼町 -戸
当別町 160戸 雨竜町 -戸 滝上町 -戸
新篠津村 -戸 北竜町 -戸 興部町 -戸
松前町 -戸 沼田町 -戸 西興部村 -戸
総務省統計局統計調査部国勢統計課 2018年度

太陽光を利用した発電機器のある住宅数の全国ランキング

日本全国でどの地域が太陽光発電を一番活用しているか知りたいですか?そこで、太陽光発電を利用した住宅の数による全国ランキングを作りました。全国のどの地域が太陽光発電設備が導入されているかご興味ある方はぜひご覧ください。

総務省統計局統計調査部国勢統計課 2018年度

愛知県158,700
埼玉県117,000
静岡県104,400
神奈川県103,000
福岡県99,100
6千葉県95,500
7兵庫県92,500
8東京都92,400
9大阪府89,800
10茨城県69,200
11長野県68,700
12広島県64,800
13栃木県59,300
14群馬県58,400
15岐阜県54,600
16岡山県54,100
17熊本県53,000
18三重県45,600
19宮城県45,400
20鹿児島県44,400
21福島県41,300
22宮崎県36,600
23山口県36,200
24滋賀県35,900
25京都府35,600
26大分県34,900
27長崎県32,900
28愛媛県31,300
29北海道31,100
30奈良県28,300
31佐賀県28,100
32山梨県25,800
33岩手県24,300
34香川県23,800
35和歌山県22,300
36沖縄県16,500
37高知県15,800
38徳島県15,700
39新潟県15,300
40島根県14,400
41富山県12,800
42石川県12,300
43山形県12,000
44青森県10,600
45鳥取県9,800
46福井県9,500
47秋田県6,700

蓄電池を選ぶ時の豆知識

エネルギー環境が急速に進化する今日、私たちの家庭での電力消費と生産における自己決定の役割が増しています。太陽光発電からのクリーンな電力を活用し、その電力を効率的に使うためには、家庭用蓄電池が重要な役割を果たします。

ここからは、家庭用蓄電池選びに関する重要なポイントを解説します。電力需要と容量、バッテリーの種類、寿命と保証、コスト、設置場所と環境条件、そしてシステムの互換性など、総合的な視点から最適な蓄電池を選ぶための豆知識を提供します。

これらの知識を武器に、お客様の家庭のエネルギー環境を自分自身で最適化し、クリーンな未来を創造していきましょう!

家庭用蓄電池とは何か?

家庭用蓄電池とは、エネルギーを保存する装置の一つで、一般的には電力を化学的なエネルギーとして貯めておき、必要な時に電力として取り出せるシステムを指します。これは、家庭の電力供給を安定化させ、また必要な時に備えてエネルギーを貯蔵しておくことができます。

家庭用蓄電池は、再生可能エネルギー源、特に太陽光発電システムと組み合わせて使用されることが多く、日中に太陽エネルギーを電力として変換し、余った電力を蓄電池に保存、夜間や電力供給が不安定な時に使用するというパターンが一般的です。

さらに、災害時における非常用電源としても役立つため、電力供給が断たれる恐れのある地域や自家発電を導入している家庭では特に重要となります。また、ピーク時の電力使用を削減し、電気料金を抑える効果もあります。

しかし、家庭用蓄電池を選ぶ際には、その種類、容量、寿命、コスト、安全性など、様々な要素を考慮する必要があります。この記事では、これらの要点を詳しく解説し、あなたに最適な蓄電池選びの手助けをすることを目指します。

なぜ家庭用蓄電池が必要なのか?【蓄電池の役割】

家庭用蓄電池は、様々なメリットをもたらします。それらは主に、電力の安定供給、電力コストの削減、環境への配慮、非常時の対策、といった点に集約されます。

電力の安定供給

家庭用蓄電池は、電力供給の安定化に寄与します。特に再生可能エネルギー源、例えば太陽光発電や風力発電を利用している場合、発電量は天候や時間帯により変動します。そこで蓄電池が役立ちます。発電量が多いときには余剰電力を蓄電池に貯め、発電量が少ないときや需要が高いときには蓄電池から電力を取り出して使用します。

電力コストの削減

一部の地域では、電力の料金が時間帯により変動するデマンド料金制度が導入されています。この制度下では、ピーク時(通常は夕方など)に電力を使用すると高額な電気代が発生します。蓄電池を利用すれば、低費用の時間帯に電力を貯めておき、ピーク時には蓄電池から電力を供給することで、電気料金を抑えることが可能です。

環境への配慮

再生可能エネルギーの利用を助け、エネルギーの有効利用を促進することで、家庭用蓄電池は環境保護に貢献します。化石燃料による発電からのCO2排出量を削減することは、気候変動の軽減に重要です。

非常時の対策

自然災害などで一時的に電力供給が途絶えるような状況でも、蓄電池は非常用電源として重要な役割を果たします。停電時でも、蓄電池から電力を取り出すことで、ライフラインを維持することが可能になります。

これらの点から、家庭用蓄電池は、安全な電力供給の確保、エネルギーコストの削減、環境負荷の軽減、そして非常時の対策という観点から、私たちの生活において重要な役割を果たします。ただし、蓄電池を導入する際には、家庭の電力需要、利用する電源、予算、などの要素を考慮する必要があります。

これらの要点については、次節以降で詳しく解説していきます。

なぜ家庭用蓄電池が必要なのか?【蓄電池導入のメリット】

私たちの生活は電力に大いに依存しています。明かりをつけ、食事を作り、エアコンやヒーターで快適な温度を保ち、エンターテイメントを楽しむために電力が必要です。そして、これら全てのニーズを満たすためには、安定した電力供給が必要となります。

蓄電池の導入は、自宅で電力を自給自足するステップの一つとなります。太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーソースと組み合わせることで、蓄電池はエネルギーを蓄え、必要なときにそれを提供します。これにより、電力供給の安定性を向上させ、エネルギーコストを削減することが可能となります。

また、環境への影響も最小限に抑えることができます。自家発電と蓄電の組み合わせは、化石燃料に依存する従来の電力供給方式に比べて、大幅に低い炭素排出量をもたらします。

それでは詳しく見ていきましょう。

電力供給の安定性の向上

多くの電力需要が集中する時間帯は、時折電力需要が供給を上回ることがあり、需要と供給のバランスが崩れることがあります。しかし、蓄電池を導入することで、余剰の電力を蓄えることができます。つまり、電力需要が供給を上回る場合でも、蓄電池から電力を供給することで、安定した電力供給を実現できます。

再生可能エネルギーの活用促進

蓄電池の導入は、再生可能エネルギーの活用を促進します。日本の気象条件や日照条件は一定ではありませんが、太陽光パネルを利用した太陽光発電システムを導入することで、日光を電力に変換することができます。太陽光発電システムと蓄電池を組み合わせることで、太陽光が豊富な日中に発電し、余剰の電力を蓄えることができます。これにより、再生可能エネルギーの利用率が向上し、地球環境への負荷を軽減することができます。

電力の自立性の向上

蓄電池の導入は電力の自立性を高めることができます。日本では、自然災害や停電などの緊急事態が発生する可能性があります。蓄電池を導入することで、これらの状況に備えることができます。蓄電池に蓄えられた電力を使用することで、停電時や非常時でも電力を供給することができます。これにより、生活の安全性や快適性を確保することができます。

電力コストの削減

蓄電池の導入は電力コストの削減にも繋がります。電力会社からの電力供給に頼らず、蓄電池から供給することで、電力料金を削減することができます。特に、電力需要が高い昼間に太陽光発電で余剰の電力を蓄え、需要が低い夜間に利用することで、電力コストの削減効果が期待できます。

エネルギーの効率的な利用

蓄電池の導入はエネルギーの効率的な利用を促進します。蓄電池を利用することで、電力の受け渡しタイミングや量を調整することが可能となります。つまり、電力のロスを最小限に抑えることができます。これにより、より効率的なエネルギーの利用が可能となり、省エネルギー効果も期待できます。

気象条件や日照条件を考慮しつつ、蓄電池の導入を検討することは、持続可能なエネルギー利用と生活の安定性を追求する上で重要な選択肢となります。

なぜ家庭用蓄電池が必要なのか?【蓄電池導入のデメリット】

エネルギーの自給自足、電力供給の安定性向上、環境に優しいライフスタイルへの移行など、蓄電池の導入には多くのメリットがあります。しかし、すべてが理想的なわけではなく、蓄電池の導入には一定のデメリットや考慮すべきポイントも存在します。

初期投資の大きさ、メンテナンスの必要性、技術的な複雑さ、寿命と性能の衰退など、蓄電池の導入と使用には一定の課題が伴います。これらの課題を理解し、適切に対処することは、蓄電池の効果的な利用と長期的な価値の確保にとって重要です。

この記事では、これらのデメリットと考慮すべきポイントについて詳しく解説します。

蓄電池の導入費用がかかる

蓄電池システムは高価であり、設置やパワコン交換などにもコストがかかります。

ですが、国や多くの自治体が蓄電池の導入に補助金を交付しているので、それらを活用できます。補助金を活用する場合、申請は「電池バンク」が無償で対応しますのでご安心ください。

設置機器や配線工事がある

新たに機器や配線を設置するため、その分のスペースが必要になります。また、外壁に最低一箇所は穴を開ける工事が伴います。お住まいの環境により工事方法は様々です。「電池バンク」では、極力配線が目立たないような取り回しなど、お住まいに合わせた工事内容をご提案します。

寿命がある

蓄電池の寿命は10~15年で、容量が大きいものほど寿命が長くなる傾向にあります。容量が大きい蓄電池は1回の充電で長時間使え、充放電のサイクル数が少なくなるからです。「電池バンク」では、専門アドバイザーが普段の電気使用量や目的に合わせ、最適な容量の選定をお手伝いします。

蓄電池の種類:鉛蓄電池、リチウムイオン蓄電池

家庭用蓄電池は様々な種類が存在しますが、その中でも主流となっているのが「鉛蓄電池」と「リチウムイオン蓄電池」です。これらはそれぞれ異なる特性を持ち、それぞれにメリットとデメリットがあります。ここでは、その特性と使い方について比較します。

鉛蓄電池

鉛蓄電池は、一般的には自動車のスターターバッテリーとして広く知られています。それらは長年にわたって確立された技術で、初期コストが比較的低いというメリットがあります。

ただし、鉛蓄電池は寿命が短く、通常は数年から十数年で交換が必要です。また、充放電効率がリチウムイオン蓄電池に比べて低いというデメリットもあります。さらに、完全に放電すると寿命が大幅に短くなるため、一定以上の残量を保つように管理する必要があります。

リチウムイオン蓄電池

リチウムイオン蓄電池は、充放電の効率性、エネルギー密度の高さ、自己放電率の低さ、そして長い寿命という特性から、家庭用電源として理想的です。特に、再生可能エネルギーとの組み合わせで使用する場合、この種の蓄電池の効率性は大きな利点となります。

しかしながら、リチウムイオン蓄電池にも種類があり、その中でもニッケルコバルトアルミニウム(NCA)、ニッケルマンガンコバルト(NMC)、リン酸鉄リチウム(LFP)などの素材が使用されています。それぞれに特性や利点、コストが異なるため、家庭での使用目的や予算に応じて選択することが重要です。

家庭用蓄電池の容量の選び方

家庭用蓄電池の容量や性能選びは、その使用効率と費用対効果に大きな影響を与えます。適切な容量を選ぶためには、以下の要素を考慮する必要があります。

蓄電池のYES・NOチャート

蓄電池の選び方はまず太陽光発電のありなしや設置年数、停電時に求める蓄電池の性能等で蓄電池の種類が変わってきます。
まずは下記のYES・NOチャートを参考にして、どの種類の蓄電池を選定するかお選びください。

家庭の電力使用状況 / 参考例

蓄電池の容量選択の第一歩は、あなたの家庭でどれくらいの電力が必要かを理解することです。これは、電気料金の明細やスマートメーターのデータを使用して計算できます。通常、電力消費量はキロワット時(kWh)単位で表示されます。このデータにより、あなたの家庭が1日あたりどれくらいの電力を消費しているかを知ることができます。下記には一般的な戸建の消費電力のデータを纏めています。蓄電池の容量(kWh)の選定にお役立てください。

一般的な戸建の消費電力の参考例
世帯人数電気代平均
1人暮らし1日6.1kWh・月185kWhで5,200円 / 月(季節差:4,700円~6,200円)
2人暮らし1日10.5kWh・月320kWhで8,900円 / 月(季節差:8,000円~10,700円)
3人暮らし1日12.2kWh・月370kWhで10,400円 / 月(季節差:9,400円~12,500円)
4人暮らし1日13.1kWh・月400kWhで11,200円 / 月(季節差:10,100円~13,400円)
5人暮らし1日14.8kWh・月450kWhで12,600円 / 月(季節差:11,300円~15,100円)
6人暮らし1日18.4kWh・月560kWhで15,700円 / 月(季節差:14,100円~18,800円)
総務省統計局の家計調査よりまとめ: http://standard-project.net/energy/statistics/energy-consumption-day.html

生活スタイル

生活スタイルも蓄電池の容量選択に影響を及ぼします。たとえば、昼間ほとんど家にいない場合、太陽光発電と蓄電池を組み合わせて電力を供給することが可能です。また、電動車を所有している場合、車への充電を想定した大容量の蓄電池が必要となるかもしれません。

緊急時の準備

自然災害や停電時に備えて、緊急時の電力供給を考慮することも重要です。生活を維持するための最低限の電力消費を考え、それが少なくとも1日分は蓄電池に保存できるようにすることが推奨されます。

予算

最後に、お客様の予算も大切な要素です。大容量の蓄電池は初期投資が大きくなりますが、長期的に見れば電力コストを大幅に削減できる可能性があります。一方、予算が限られている場合は、必要最低限の電力供給を満たすだけの容量を選ぶことが適切かもしれません。

これらの要素を総合わせて考慮することで、お客様の家庭に適した蓄電池の容量を決定することができます。しかし、このプロセスは複雑であり、必ずしも明確な答えが出るわけではありません。そのため、不明な点が解決しない場合はお気軽に「電池バンク」にご相談ください。お客様の特定の状況に基づいて、最適な解決策を提案致します。

また、蓄電池の容量だけでなく、製品の品質やメーカーの信頼性、保証条件も考慮に入れるべきです。さらに、地域の補助金やインセンティブが利用可能であれば、それらを活用することで初期投資を抑えることも可能です。

次節では、適切な蓄電池を選んだ後の設置とメンテナンスについて説明します。適切な設置とメンテナンスは、蓄電池の効果的な運用と寿命を延ばすために重要な要素です。

家庭用蓄電池の容量選びは、その使用効率と費用対効果に大きな影響を与えます。適切な容量を選ぶためには、以下の要素を考慮する必要があります。

パフォーマンスを比較する:出力、効率、寿命

蓄電池を選ぶ際には、出力、効率、寿命といったパフォーマンス指標を比較することが重要です。以下に、それぞれの指標について説明します。

出力

出力は、蓄電池が一度に供給できる電力量を示します。出力が高い蓄電池ほど、より多くの電化製品を同時に稼働させることが可能です。出力は通常、キロワット(kW)で表されます。

効率

効率は、蓄電池が電力をどれだけ効率的に格納し、放出できるかを示します。効率が高い蓄電池ほど、少ないエネルギーロスで電力を蓄え、供給することができます。一般に、リチウムイオン蓄電池の効率は85%~95%程度です。

寿命

寿命は、蓄電池が適切な性能を維持できる期間を示します。寿命は、一般的に充電と放電のサイクル数で表され、蓄電池の品質、使用条件、メンテナンスにより大きく影響されます。長寿命の蓄電池は、その寿命が尽きるまでの全体的な電力供給コストを下げることができます。

これらの指標を比較することで、あなたの家庭の電力需要に最も適した蓄電池を選ぶことができます。ただし、これらの指標は互いに独立しているわけではなく、一部はトレードオフの関係にあることを理解しておくことが重要です。例えば、高出力の蓄電池は効率が低くなる可能性がありますし、高効率の蓄電池は寿命が短い可能性があります。そのため、最適な選択はお客様の特定の需要と制約により異なります。

蓄電池の導入タイミング

太陽光発電に接続しているパワーコンディショナーは太陽光発電本体よりも故障する確率が高く、
寿命が約10年前後のため、早い段階で修理や交換が必要になります。

太陽光発電に蓄電池を後付けするタイミングは太陽光発電用パワーコンディショナーの交換時期に合わせるのがベストタイミングです。

また、近年、都道府県の地方自治体から「省エネルギー関連」の補助金や助成金制度が増えてきていますので、
現段階での蓄電池購入はまさにタイムリーと言えるでしょう。

安全性と信頼性:バッテリーマネジメントシステムと保証

蓄電池を選ぶ際には、その安全性と信頼性も重要な考慮事項となります。ここでは、バッテリーマネジメントシステム(BMS)と保証について詳しく説明します。

バッテリーマネジメントシステム(BMS)

バッテリーマネジメントシステムは、リチウムイオンバッテリーやその他の再充電可能なバッテリーの性能と安全性を管理するためのシステムです。主な機能は、電圧と電流の制御、バッテリーの充電と放電の管理、温度の監視、そしてバッテリーの健康状態と残量の追跡です。これにより、バッテリーの寿命が最大限に延ばされ、安全に使用できます。

製品保証

これは蓄電池自体についての保証で、電池が製造上の欠陥を持っている場合や期待される性能を発揮しない場合に適用されます。この保証期間は、一般的に数年から10年以上までの間で、製造元によります。

容量保証

この保証は、蓄電池の能力が時間の経過と共に自然に減少する(劣化する)ことに対応します。たとえば、製造元はバッテリーが保証期間内に特定の割合(たとえば80%)以下に容量が低下しないことを保証することがあります。

工事瑕疵保証

工事瑕疵(かし)保証は、建設工事やリフォームなどのプロジェクトに関連して提供される保証の一種です。この保証は、工事が完了した後に発生する可能性のある問題や欠陥に対する保証を提供します。

工事瑕疵保証の期間や内容は、契約や地域の法律によりますが、一般的には工事完了後の一定期間内に発見された構造的な欠陥や問題をカバーします。
これは、建物の安全性や耐久性に影響を与える重大な欠陥、たとえば、基礎の問題、電気配線の欠陥、配管の問題などを指します。

ただし、工事瑕疵保証は通常、正常な使用や経年劣化による問題、またはメンテナンス不良による問題はカバーしないことがほとんどです。

工事瑕疵保証は、施主が工事後に問題が発生した際に安心できるようにするためのものであり、工事業者が自社の作業品質に対する信頼性と責任を示すものとも言えます。

蓄電池の設置場所について

蓄電池の設置場所は、その性能と寿命に大きく影響を及ぼします。以下に、塩害や寒冷地などの特定の環境条件を考慮した蓄電池の設置について説明します。

塩害エリア

海沿いや塩分濃度の高いエリアでは、塩害による腐食が問題となることがあります。塩分は金属を腐食させる可能性があり、これは蓄電池やその他の電子機器に悪影響を及ぼします。そのため、塩害が問題となる地域では、バッテリーは耐腐食性のある材料で製造されているか、または追加の保護措置(例えば、特殊なコーティングや囲い)が施されていることを確認する必要があります。

寒冷地

寒冷地では、低温がバッテリーの性能に影響を及ぼす可能性があります。特に、リチウムイオンバッテリーは低温下での性能低下が問題となることがあります。一部のバッテリーは内部ヒーターを搭載していて、これによりバッテリーが適切な動作温度を維持できます。また、断熱材で囲むことにより、バッテリーを低温から保護することもできます。

設置場所全般について

全般的に、蓄電池は乾燥して風通しの良い場所に設置することが推奨されます。高温や直射日光、湿度が高い場所は避ける必要があります。また、適切な空間を確保して、バッテリーの周囲に空気が循環できるようにすることも重要です。

以上のような特定の環境条件を考慮して蓄電池を設置する際は、蓄電池のメーカーや販売・施工店に問い合わせて、その製品が対象となる環境条件に適しているか確認することが重要です。

蓄電池ラインアップ

長州産業
スマートPVマルチ

長州産業
スマートPVプラス

ニチコン
E1シリーズ

オムロン
マルチ蓄電プラットフォーム

Panasonic
創蓄連携システムS+

SHARP
クラウド蓄電システム

カナディアンソーラー
EP CUBE

SMART SOLAR
ハイブリッドシステム-T

ジンコソーラージャパン
SUNTANK

ダイヤゼブラ電機
EIBS7

DMM energy
DMM.make smart Hybrid

G-Tech
オフグリッド蓄電池システム

XSOL
ハイブリッド蓄電システム

Looop
Looopでんち

ELIIY Power
POWER iE5 GRID

デルタ電子
SAVeR-H2

HUAWEI
LUNA2000

ネクストエナジー
ハイブリッド蓄電システム

Qセルズ
Q.READYシリーズ

Tesla
Power Wall

オムロン
マルチ蓄電池プラットフォーム

ニチコン
単機能蓄電システム

長州産業
スマートPVマルチ

京セラ
エネレッツァ

SMART SOLAR
ストレージシステム-T

伊藤忠商事
スマートスター3

伊藤忠商事
スマートスター

DMM energy
DMM.make smart

ネクストエナジー
iedenchi-NX

Looop
エネブロック

Looop
AI搭載フレキシブル蓄電池

長府工産
Lib Tower Plus

ニチコン
トライブリッド蓄電システム

Panasonic
eneplat

長州産業
SMART PV EVO

ハイブリッド型

長州産業
スマートPVマルチ

オムロン
マルチ蓄電池プラットフォーム

カナディアンソーラー
EP CUBE

XSOL
ハイブリッド蓄電システム

デルタ電子
SAVeR-H2

ネクストエナジー
ハイブリッド蓄電システム

単機能型

長州産業
スマートPVマルチ

伊藤忠商事
スマートスター

トライブリッド型

長府工産
Lib Tower Plus

ニチコン
トライブリッド蓄電システム

Panasonic
eneplat

長州産業
SMART PV EVO

V2Hラインアップ

ニチコン
EVパワー・ステーション

ニチコン
トライブリッド蓄電システム

オムロン
マルチV2Xシステム

Panasonic
Eneplat

長州産業
SMART PV EVO

ニチコン
EVパワー・ステーション
VSG3シリーズ

SHARP
V2Hシステム

現地調査・お見積無料

▼ 商品を選ぶ

国内主要メーカー全て取り扱い

▼ 補助金を活用する

補助金申請・無償で代行

自治体の補助金

▼電池バンクのご紹介

ご購入ガイド

お支払いに関して

蓄電池設置までの流れ

掲載商品100種以上!!
— 営業時間:9:00-17:00 —
— メール受付 —
— LINE受付 —