太陽光売電価格【2023年最新】と卒FIT後の太陽光発電を最適に活用する方法をご紹介!

太陽光発電を導入してから10年以上が経過し売電価格も年々落ちている。
パワーコンディショナーやその他部品も入れ替えや修理が必要になるので太陽光発電を有効活用したい。

売電価格は今後、どうなっていくのだろうか。

このように悩んでいませんか?

太陽光発電での売電は10年固定ですが11年目から電力会社は法的な電気買取り義務がなくなることから売電価格は下がっていくことが予想されます。
太陽光発電を将来に渡り有効活用していくのなら、電気を売ることから消費していくことに目を向けることが大切です。

そこで今回の記事では太陽光発電の売電価格の最新情報についてお話しします。
また、太陽光発電の最適な活用方法についても説明しますので、どうぞ最後までお読みください。

ページ目次

太陽光発電による売電価格2023年度版

太陽光発電による売電価格は年々下降傾向にあります。2021年度は50kWh以上で11円、10kWh~50kWh未満で12円でした。
2019年11月よりFIT制度は順次満了しており、卒FIT後は売電価格が減額される可能性がありますのでご注意ください。

【2023年度売電価格】

年度50kWh以上10kWh以上 50kWh未満10kWh未満
2023年度9.5円10円16円

売電価格は毎年1~2円下落しており、卒FIT後の売電についても保証されていません。
ただし、太陽光発電による電気の売電は電力自由化により数多くの企業が電気事業に参入していることから卒FIT後も安定して売電できるプランも用意されています。

【売電価格】従来のFIT制度は2020年度以降に大きく変更

従来のFIT制度では太陽光パネルの設置容量が10kWh以上であれば全量買取制度が適用され発電した電力を全て売電できました。

しかし、2020年度以降のFIT制度では太陽光パネルの設置容量が10kWh以上50kWhの場合、10kWh未満と同様余剰電力買取制度が適用されています。

電気買取制度変更の目的は太陽光発電で得た電力は基本的に自家で消費させることにあります。
例えば太陽光発容量が4kWhなら、太陽光の1日の発電量は約12kWhで余剰電力は8kWh程度と考えられ、売電できるのは8kWhということになります。

売電価格が10円だとしたら一日に出る利益は80円、
一か月でも2,400円であり将来的にも売電価格が下がることも考えると売電によるメリットは低下していくと言えるでしょう。

太陽光発電設置の11年目からFIT制度適用外

太陽光発電による売電はFIT法により10年、または20年間定額単価での買取が定められていましたが太陽光発電設置11年目からは「卒FIT」となりFIT制度適用外になります。

卒FIT以降、電力会社は買電義務がなくなるため、買電拒否や買取解除を通知される可能性もあります。

太陽発電設置から10年でパワーコンディショナーの保証が切れることや(メーカーによります)今後、機器の故障が多くなりメンテナンス費用も必要となります。

将来的に電気の買取ではなく蓄電池導入による電気自家消費を検討していくのも良いでしょう。

太陽光発電卒FIT後の売電価格

卒FIT後、まったく売電できないというわけではありませんが、FIT制度適用時と比較すると売電価格が安くなりますのでご注意ください。

【卒FIT後の売電価格】(一般電気事業者)

【電気買取事業者例】(北海道・東北・関東・中部エリア版)

<北海道電力エリア>
事業者サービス名買取(売電)価格
idemitsuでんき太陽光買取サービス スタンダードプラン9.5円
ENEOS太陽光買取サービス11円
住友林業スミリンでんき11円
積水ハウス積水ハウスオーナーでんき11円
トドック電力余剰電力買取サービス (コープ電気利用者)11円
<東北電力エリア>
事業者サービス名買取(売電)価格
一条工務店一条でんき11円
eco電力つながるecoでんき8円
生活クラブエナジー太陽光余剰電力買取サービス9円
ダイワハウスでんき卒FIT電力買取 (GENERALプラン)10円
まちエネ卒FIT買取プラン9円
<東京電力エリア>
事業者サービス名買取(売電)価格
出光グリーンパワーとちょう電力プラン11円
宇都宮ライトタワー卒FIT買取8.5円
京葉ガス太陽光発電の売電 (プラチナプラン)13.8円
鈴与商事太陽光発電余剰電力買取10円
東京ガス太陽光買取プラン9.5円
<中部電力エリア>
事業者サービス名買取(売電)価格
静岡ガス余剰電力買取サービス8.3円
東邦ガス買取プラン9円
豊田商事

余剰電力買取サービス
(純粋売電プラン)

9.5円
藤田商店すまいるFIT太陽光買取11円
浜松新電力

太陽光買取サービス
(通常プラン)

7円

太陽光発電による売電は今後どうなる?

卒FIT後も様々な電力会社で売電サービスが行われますが、売電についての法的な決まりがないことからサービス解除やサービスそのものがなくなる可能性も考えられます。

一般電気事業者を含め多くの電力会社は「買電」に絡め様々なサービスを提供していくことも予想されますが、
固定買取価格は平成28年にはkWhあたり31円で売電が可能でしたが、現在では16円/kWhまで下がっており、
今後、売電価格が上昇する可能性はとても低いと言えるでしょう。

太陽光発電は余剰電力のみが売電対象になることから、
売電による生活費向上は期待を上回ることが難しいため電気の自家消費によるランニングコスト削減へシフトすることをおススメします。

太陽光発電を今後もお得に有効活用していく方法

太陽光発電における電力の活用方法として、売電から自家消費に変えていくのも良いでしょう。

電気の自家消費は太陽光発電の電力を余すことなく使い切ることですが、1日に発電した全ての電力を消費するのは太陽光発電単体では厳しいと言えます。

太陽光発電を今後も有効活用していく方法として「蓄電池」との併用が最適です。

蓄電池があれば太陽光発電で作った電力の余剰分を蓄え、太陽光パネルが発電しない夜間に電力を使用することが可能なのです。

つまり、日中は太陽光発電の電力を使用し、夜間は蓄電池の電力を使用できれば電気会社から電気を買う必要がなくなり電気代の大幅な削減ができるというわけですね。

卒FIT後も太陽光発電を有効活用すれば売電以上の効果を期待できるでしょう。

太陽光発電のパワーコンディショナーをハイブリッドに入れ替え

太陽光発電やパワーコンディショナーは導入後10年~経過で保証対象外となり、部品の故障が発生するようになります。

新規パワーコンディショナーに交換する際、蓄電池導入を検討しているのであれば太陽光単体に対応するパワーコンディショナーを交換するよりも蓄電池にも同時使用できるハイブリッド型パワーコンディショナーがおススメです。

太陽光発電、蓄電池それぞれにパワーコンディショナーが必要になりますが、コストやメンテナンス、設置場所の問題から、できればコンパクトにしたいところです。ハイブリッド型のパワーコンディショナーは一台で太陽光や蓄電池の直流電力を交流に変換することが可能です。

太陽光発電用のパワーコンディショナーを入れ替える際は蓄電池併用も見据え、ハイブリッド型パワーコンディショナーの導入をおススメします。

※ハイブリッド型パワーコンディショナーは太陽光発電と蓄電池が同一メーカーでないと作動しませんのでご注意ください。

太陽光発電と蓄電池を併用した電気の自給自足生活

太陽光発電は以前、売電価格が比較的高く生活費にプラスαを与えてくれましたが、現在は売電価格も下がり、卒FITの方にとって売電によるメリットが減りました。今後は太陽光で作った電気は売ることよりも自家消費が望ましいと言えます。

しかし、太陽光発電で作った電気を溜める「蓄電池」は決して安い金額ではありません。

ひと昔前の蓄電池は高価すぎて一般家庭では手が出ませんでした。
しかし、蓄電池は2010年頃から価格が下がり一般家庭に普及していくようになります。

現在、蓄電池価格は安定し更に安くなると思われていましたが、近年の世界情勢により半導体不足や円安などの影響で今後、蓄電池価格は上昇傾向にあります。

しかし、蓄電池や太陽光発電導入に対し国や地方自治体が様々な助成金制度を儲け機器導入を推進しています。
自給自足の生活に向け太陽光発電や蓄電池導入タイミングを逃さないようにしましょう。

太陽光発電で作った電気は売電から消費へ変える未来

2009年から始まった売電制度「余剰電力買取制度」ですが、太陽光発電の普及を大きく促したのがFIT制度です。
売電価格10年固定によりハウスメーカーや工務店、多くの業者が太陽光発電の導入を推し進め、電気を売って生活に潤いをもたらすことが賢い選択と謳っていました。

売電価格は2009年では48円/kWhで、FIT法制定後42円に制定されましたが現在から見ると破格の高さというのがわかります。

例えば一日の余剰電力を8/kWhとした場合、売電価格41円なら328円/日、月で9,840円、年間118,080円です。
自宅の電気を太陽光発電や電気料の安い深夜電力を利用し買電分の電気料を支払っても生活費にゆとりが生まれていました。

しかし、時代は流れ現在の売電価格は約1/4にまで下落しており、売電によるメリットが大きく減っています。
そして、近年、国や地方自治体は省エネルギーや創エネルギーを推し進め太陽光発電や蓄電池の導入による自家消費を促しています。

将来的に売電価格がアップすることは考えにくいと言えます。

今後の生活を豊かにするためには光熱費等の出費を抑えた自給自足がトレンドとなっていくでしょう。

太陽光発電で作った電気を売電から消費する生活に変えていきませんか?

new_logo

記事監修:電池バンク編集部

過去7千件を超える施工実績を有し、
その経験と知識を元に、
太陽光・蓄電池・V2H等のお役立ち情報を発信しています。

蓄電池ラインアップ

長州産業
スマートPVマルチ

長州産業
スマートPVプラス

ニチコン
E1シリーズ

オムロン
マルチ蓄電池プラットフォーム

Panasonic
創蓄連携システムS+

SHARP
クラウド蓄電システム

カナディアンソーラー
EP CUBE

SMART SOLAR
ハイブリッドシステム-T

ジンコソーラージャパン
SUNTANK

村田製作所
All-in-One 蓄電池システム

ダイヤゼブラ電機
EIBS7

DMM energy
DMM.make smart Hybrid

G-Tech
オフグリッド蓄電池システム

XSOL
ハイブリッド蓄電システム

Looop
Looopでんち

ELIIY Power
POWER iE5 GRID

デルタ電子
SAVeR-H2

HUAWEI
LUNA2000

ネクストエナジー
ハイブリッド蓄電システム

Qセルズ
Q.READYシリーズ

Tesla
Power Wall

オムロン
マルチ蓄電池プラットフォーム

ニチコン
単機能蓄電システム

長州産業
スマートPVマルチ

京セラ
エネレッツァ

SMART SOLAR
ストレージシステム-T

伊藤忠商事
スマートスター3

伊藤忠商事
スマートスター

DMM energy
DMM.make smart

ネクストエナジー
iedenchi-NX

Looop
エネブロック

Looop
AI搭載フレキシブル蓄電池

長府工産
Lib Tower Plus

ニチコン
トライブリッド蓄電システム

ニチコン
ESS-E1シリーズ

Panasonic
eneplat

長州産業
SMART PV EVO

Qセルズ
Q.READYシリーズ

ハイブリッド型

長州産業
スマートPVマルチ

オムロン
マルチ蓄電池プラットフォーム

カナディアンソーラー
EP CUBE

XSOL
ハイブリッド蓄電システム

デルタ電子
SAVeR-H2

ネクストエナジー
ハイブリッド蓄電システム

単機能型

長州産業
スマートPVマルチ

伊藤忠商事
スマートスター

トライブリッド型

長府工産
Lib Tower Plus

ニチコン
トライブリッド蓄電システム

Panasonic
eneplat

長州産業
SMART PV EVO

ラインアップ

長州産業
スマートPVマルチ

長州産業
スマートPVプラス

オムロン
マルチ蓄電池
プラットフォーム

ニチコン
E1シリーズ

Panasonic
創蓄連携
システムS+

SHARP
クラウド蓄電
システム

カナディアンソーラー
EP CUBE

SMART SOLAR
ハイブリッド
システム-T

ジンコソーラージャパン
SUNTANK

村田製作所
All-in-One
蓄電池システム

ダイヤゼブラ電機
EIBS7

DMM energy
DMM.make
smart Hybrid

G-Tech
オフグリッド
蓄電池システム

XSOL
ハイブリッド
蓄電システム

Looop
Looopでんち

ELIIY Power
POWER iE5
GRID

デルタ電子
SAVeR-H2

HUAWEI
LUNA2000

ネクストエナジー
ハイブリッド
蓄電システム

Qセルズ
Q.READYシリーズ

Tesla
Power WALL

オムロン
マルチ蓄電池プラットフォーム

ニチコン
単機能蓄電システム

長州産業
スマートPVマルチ

京セラ
エネレッツァ

SMART SOLAR
ストレージシステム-T

伊藤忠商事
スマートスター3

伊藤忠商事
スマートスター

DMM energy
DMM.make smart

ネクストエナジー
iedenchi-NX

Looop
エネブロック

Looop
AI搭載フレキシブル蓄電池

長府工産
Lib Tower Plus

ニチコン
トライブリッド蓄電システム

ニチコン
E1シリーズ

Panasonic
eneplat

長州産業
SMART PV EVO

Qセルズ
Q.READYシリーズ

人気ランキング

2023年最新の販売実績から見る「おすすめの蓄電池」ランキング!商品詳細も併せて解説!

ハイブリッド型

長州産業
スマートPVマルチ

オムロン
マルチ蓄電池プラットフォーム

カナディアンソーラー
EP CUBE

XSOL
ハイブリッド蓄電システム

デルタ電子
SAVeR-H2

ネクストエナジー
ハイブリッド蓄電システム

単機能型

長州産業
スマートPVマルチ

伊藤忠商事
スマートスター

トライブリッド型

長府工産
Lib Tower Plus

Panasonic
eneplat

長州産業
SMART PV EVO

ご購入ガイド

お支払いに関して

蓄電池設置までの流れ

掲載商品100種以上!!
— 営業時間:9:00-17:00 —
— メール受付 —
— LINE受付 —